2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« スピリッツ 目次 2013年 1月 1日号 NO. 1 | トップページ | スピリッツ 目次 2013年 1月 8日号 NO. 2 »

2018-05-26

Delphi 10.2 でカックロ(足し算クロス)

カックロを画面で遊べる KCRPlay 、ようやく、ユニコード対応にすることが出来た。
遊べる大きさに制限は無いので、「頭脳全開足し算クロス 2018年6・7月号」の No.156のデータを作った。
大きさは、横 91 縦 56!

Tc156_all

ここ数年、足し算クロスを朝から晩まで解いている猛者が、発売以来20数日を経ても解けないという難問らしい。
データ構成は、まず、フレームを作り
**--*******-
**----**----
---*--------
----*----*--
*-----*---**
--*----*----
----*-------
*----*--*---
**------*--*
---*--*-----
---*--*--*--
合計は、横にズラズラと並べるだけ。
16 5 11 28 15 32
4 4 23 21 3 22 20
5 22 11 4 24 22 
6 30 45 6 40 4 45
18 13 14 25 16 28
16 35 30 12 45 8
11 19 13 40 10 28
27 29 40 23 7 28
11 12 11 21 11 45
27 10 23 16 4 15
8 5 37 15 39 11
20 13 13 24 4 7

Tc156_part

フレームはエディターで作るのは大変なのでエクセルで作った。
パターンの繰り返しは、移動量(18,7)の「桂馬の綱」、ユニットをつくり貼り付け縁の始末をしたら意外と短時間でできた。
1000箇所以上入力して、これからが難しいところかなー。

« スピリッツ 目次 2013年 1月 1日号 NO. 1 | トップページ | スピリッツ 目次 2013年 1月 8日号 NO. 2 »

「パズル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148337/66760715

この記事へのトラックバック一覧です: Delphi 10.2 でカックロ(足し算クロス):

« スピリッツ 目次 2013年 1月 1日号 NO. 1 | トップページ | スピリッツ 目次 2013年 1月 8日号 NO. 2 »