« スピリッツ 目次 2017年 11月 6日号 NO. 47 | トップページ | スピリッツ 目次 2017年 11月 13日号 NO. 48 »

2019-01-14

持駒

駒台は、明治に開発されたとのことなので、江戸時代に駒台があるのは、おかしいのかなー

そういえば、持駒を表示するのに、盤面の右側を使うのだが、一番上、すなわち、「1二」の右側にくらいに表示しているのは、いただけない。といっても、部分図の場合はしかたないが、9×9の表示の時は、「1七」の右側くらいに表示してもらいたいものだ。
玉側の持駒は表示しないというのが、詰将棋の約束事だったが、いつからか、これもなし崩しになりそうな勢いだ。
玉側は全部の駒を持っていなくて、必要なものは、必要なものだけ使っていいと理解していたのだが

« スピリッツ 目次 2017年 11月 6日号 NO. 47 | トップページ | スピリッツ 目次 2017年 11月 13日号 NO. 48 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148337/67590713

この記事へのトラックバック一覧です: 持駒:

« スピリッツ 目次 2017年 11月 6日号 NO. 47 | トップページ | スピリッツ 目次 2017年 11月 13日号 NO. 48 »