2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

旅行・地域

2017-08-01

仙台⇔盛岡 JR運賃について

以前は、よく盛岡まで出かけたものだったが最近はご無沙汰だ。

仙台⇔盛岡 の JRの営業キロは 183.5km 運賃は 3,350円となっている。
新幹線で行く場合は、つい、仙台⇔盛岡 の切符を買ってしまうのだが、、
仙台から盛岡へ行く場合には 水沢江刺までの切符を買い、盛岡で、乗り越しの精算をしてもらおう。
仙台→水沢江刺 の JRの営業キロは 118.3km 運賃は 1,940円となっている。
水沢江刺→盛岡 の JRの営業キロは 65.2km 運賃は 1,140円となっている。
合計は、 3,080円で、 270円節約できるのだった。
盛岡から仙台への場合には くりこま高原までの切符を買い、仙台で、乗り越しの精算。
盛岡→くりこま高原 の JRの営業キロは 119.1km 運賃は 1,940円。
くりこま高原→仙台 の JRの営業キロは 64.4km 運賃は 1,140円。
合計は、 3,080円で、 これまた、270円節約。
精算時に、駅員によっては、仙台⇔盛岡 の運賃との差額 1,410円を要求してくる場合があるが、
 
「差額 による精算はもとの乗車券が 100km以内の場合です 乗り越し分しか払いません」
といいましょう。
時間に余裕のあるときは約 2時間早くでて新幹線は使わずに普通列車で行くと、特急料金 3,110円 は使わずにすむ。 時給 1,500円のバイトと思えば、こんな楽なバイトは無い。
更に、仙台から盛岡へ行く場合には 石鳥谷までの切符を買い、盛岡で、乗り越しの精算をする。
仙台→ 石鳥谷 の JRの営業キロは 159.6km 運賃は 2,590円となっている。
石鳥谷→盛岡 の JRの営業キロは 23.9km 運賃は 410円となっている。
合計は、 3,000円で、 350円節約できるのだった。
新幹線を使うときは時間に余裕の無い時なので、ツイ券売機で乗車券を買うので、新幹線でも、この乗車券の乗り越し方法ができるか試したことは無い。
で、なぜこんなやり方で350円も節約できるかというと、、
JRの運賃は 11~50kmまでは 5km 刻み、51~100kmまでは 10km 刻み、 101~600kmまでは 20km 刻みで設定してある。
仙台⇔盛岡 の JRの営業キロは 183.5kmだったから、いわば、 3.5km に 20km分の運賃を払っているようなもので割高なのだった。
159.6kmで 160km の運賃 23.9kmで 25km の運賃と無駄のすくない割り方が良かったのかもしれない
さらに、
101~120km  1,940円
121~140km  2,270円  増330円
141~160km  2,590円  増320円
161~180km  3,020円  増430円
181~200km  3350円  増330円
と、均等でない、不思議な増加(何故だ!?)をしているので、 増430円を含まない 160kmを選べたのが大きいのかもしれない。